海外パワースポット

昨日からフィリピン マニラにきています。

フィリピンは約30年前。

20代後半、ダイビングに凝っていて、エルニドやボラカイ島などに潜りにきていました。

それ以来のフィリピンです。

 

今回の目的はパワースポット関連ではなく、コンベンションに参加するための。

しかし、今日は日中に時間があったので教会に行くことにしました。

 といっても、この教会の事を知っていたわけではありません。

地図を見ていて、ふと目にとまった

ブラックナザレ

の文字。

 

なんだ? ブラックナザレって⁉︎

 

それで行ったみたら

 

「当たり」

 

でした。

422FA1CF-CC86-4D18-83AB-ADE784F1A012

 

 

 

 

 

 

 

平日の午後なのに参拝者が大勢います。庶民の愛する教会という感じがする場所。

IMG_9501

 

 

 

 

 

 

ローカル色が濃厚な下町にあり、開けっ放しのドアからは雑踏と喧騒の音が心地よい環境音楽みたいに聞こえます。

なんか、いい所。

IMG_9502

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、このブラックイエスは1年に一度 お祭りの日に街に繰り出し、大勢の人達に出迎えられるそうです。

IMG_9505

 

 

 

 

 

 

 

 

このイエスの身体に触ると相当なご利益を授かることができるとも。

 

楽しみ〜

 

しんごちゃんネルでブラックナザレ教会やセントアグスティン教会のことを

お話ししました

ブラックナザレサムネイル

 

 

 

 

 

 

 https://youtu.be/9CagI-5Yft8

 

いま発表しているツアーやイベント

9月8日 奇跡のお寺円明院ツアー

9月19日 二條高塒が語る「古事記の神」

10月6日~8日 熊野・玉置ツアー 熊野本宮式年大祭松尾泰伸奉納演奏鑑賞

10月10日~18日  ポルトガル ファティマ聖地ツアー

10月20日 奇跡のお寺円明院ツアー

10月20日~25日 スピリチュアル スリランカツアー

11月2日~3日 火の鳥 宝徳稲荷大社ツアー

 

 

バリ島3日目は

スバトゥ村の滝行(沐浴)へ。

沐浴に行く前に村の水のお寺 グヌンカウイ寺院を参拝

ここにはバトール湖の女神が祀られています。

動画を上げていますのご覧ください

そのあと、スバトゥの滝へ

 

ここの滝は、病やメンタルの状態が悪い人がはいると

その人の身体の上を流れる水の色が変わるのです。

滝行の様子を動画にアップしています

 

ご覧くださいね

 

 

バリ島2日目

今日はバリ島のシャーマン達が エネルギーチャージの為に訪れるペニダ島の聖地に行く予定だったが、この数日波が高く船が欠航。

インドネシア政府からも勧告がでてるほどの波浪警報で渡島することが中止になりました。

何処に行こうかと思案していたところ

「ランプヤンがいいかなあ 」と思っていたら、一緒に行ってるスタッフの真樹ちゃんが「ランプヤンにしませんか」と。

 

同じことを考えてる!  と思い即決定。

 

ツアー参加の皆様に事情を説明して、ランプヤン寺院に行くことに。

 

ランプヤン寺院とはバリ島の東側にあります。

バリ島の中心にはアグン山があり、そこには総本山であるブサキ寺院が座しています。

 

その東西南北に重要な寺院が配置されといて、ランプヤンは東側に配されたお寺なのです。

 

東は太陽の昇る方角。つまり「聖なる光」という訳です。

 

僕はスケジュールの変更は「吉なる兆し」であると思っています。

 

計画されたものが全てスケジュール通りに行く訳はないものです。

もちろん、旅行会社としては 予定されたスケジュールに添わせようは努めます。

しかし、抗うことの出来ない場合があります。

それは「宇宙の采配」だと心得てます。

だから、その采配に上手く乗らせて頂きます。

いや、むしろチャンスかもしれません。

 

その予兆は思い返せば成田から始まっていました。

それはこの写真

B7E5D86F-9103-423C-8CDF-03576709FA51

 

 

 

 

 

 

光りすぎやん!

と話していたのです。この光り の方角には窓があって まあ 明るかったのですが、ここまでの光りではありませんでした。太陽の直射もないし、照明があったわけでもありませんでした。

「めちゃ光ってるな〜」くらいにしか思ってなかったのですが、

この時すでに、「兆し」はあったのです。

光の元に来い と。

 

かくして、聖なる光の寺院 ランプヤンに向かったのです。

とちゅう自然の塩田に立ち寄りました

93610BEF-4600-483E-B746-5A5E1E86F15F

 

 

 

 

 

 

塩田の次に訪れたのがティルタガンガ

ガンジスの聖なる水

という意味です。

C871475F-AF05-4B62-B03A-77A76D598211

 

 

 

 

 

 

ヒンズーの聖なる川 ガンジスから由来したネーミングですね。

これがその源泉

5C229A94-EAD7-4996-8438-0C21AC471E01

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよランプヤン寺院に向かいます。

 

実は3年前ランプヤンを訪れた時に

信じられないようなことをが起きたのです。

四方から光が飛んできて左右のこめかみと額と後頭部から入って松果体で一つになり第1チャクラまで降りてきた 。その瞬間から体調が激変するとう経験をしたのです。

その驚愕の出来事は以前のブログを見て下さい。

バリ島の光と嘔吐と指の怪我

 

ランプヤン寺院は「割れ門」が有名で、高い場所にあるため空に向かって門があるように見えるのです。

天空の割れ門とも言われ、その先にはアグン山が控えています。

945C728C-CBAB-451D-9BE0-21A4383206CF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この割れ門を見学にくる人達が多く、凄く賑わっていました。

この割れ門の上にお寺があります。

そこでお坊さんと一緒にお祈りしました。

D20236B2-1ED1-4A86-B274-D6BEFA8413F9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お祈りのあと、15分ほど瞑想。

果たして今回はどうなるのか?

怖いながらも好奇心もあり、ドキドキしながらお祈りと瞑想をしました。

前回の様な強烈な出来事は起きなかったですが、やはりメッセージはありました。

 

それは、あの時の「光」を使っているか?

というものでした。

 

「あっ」 全く使ってない!

 

僕は鮮烈な現象と奇想天外な後日談ばかりに囚われていて、身体に入った「光」に目を向けていなかったのです。

3年間も‼️

 

その「光」エネルギーの使い方を教えて頂きました。

 

まさかこの為にペニダに行けなかった⁉️

 

これを分かってから来いと言うことなのか?

 

もし、そうだとしたら、ツアー参加の皆様 すみません。

 何かでお返ししますね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

バリ島へ出発です!

83C966AD-B851-4F52-8E3F-0197261D567C

 

 

 

 

 

 

今回のスピリチュアル バリ島ツアー は僕の師匠のマンク師 や 浄化の滝行などをするほか、バリ島のシャーマン達が自分の力をアップ、維持させるために一年に一度は訪れるという 聖地へも行きます。

どんなミラクルが起きるか楽しみです。

それを予感させるかのように 搭乗前に撮った写真が発光しています。

B7E5D86F-9103-423C-8CDF-03576709FA51

 

 

 

 

 

 

これは何か起きるぞ〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日からペルーに行ってきます。

 

マチュピチュ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンデスのマチュピチュやクスコ

 

チチカカ湖1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チチカカ湖

ナスカ地上絵2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナスカの地上絵などを巡ります。

 

なんだ普通じゃないですか~~って思われるかもしれません

 

ところが

 

上記のポイントプラス リマの天野博物館の坂根先生の講演と

 

シャーリーマクレーンの名著アウトオンアリム

51g-b9E1lDL._SX300_BO1204203200_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のなかでシャーリーが入った霊泉を探しに行こうという企画なんです。

 

僕はこの本がスピリチュアルな世界に入るきっかけになったような本でもあります。

それだけにペルーでのシーンは大変印象深く残っていて

 

ず~っと昔から ペルーのシャーリーが入った温泉に入りたいと思っていたのです。

 

このブログはトランジットのダラス空港で書いています。

 

まもなくペルーへ

 

楽しみです!!!

 

 

 

 

 

 

2017年2月のセドナ旅行

今回は2月9日からの8日間。

初日は成田からロスで乗り換えてフェニックスに。

だけど、ロスの上空でなかなか着陸できず、何十分も旋回。

結局ランディングしても誘導路で止まったままで、なかなかサテライトにつかず

結局1時間以上のディレイ。

大慌てでフェニックス行のゲートに行くと、搭乗口が変更されていて

新しい搭乗口に行ってみても、掲示されている行先は別の都市。

あ〜乗り遅れたかな。。。と思っていたら

フェニックス行も遅れていて、結局無事に搭乗。

フェニックスから一路北上してセドナへ

6

途中のアウトレットでサボテンとほぼ満月。

そしてセドナに無事到着。

 

 

 

ポルトガル ブラガから車で約3時間 スペイン ガリシア地方のサンティアゴ デ コンポステラにやってきました。

1

この街はカミーノ(サンティアゴ巡礼の道)の最終目的地です。

サンティアゴ巡礼とは最古の記録としては951年にさかのぼります。

サンティアゴ デ コンポステーラ大聖堂には聖ヤコブの遺骸が祀られていますため

ローマ、エルセレムとならぶカトリックの三大巡礼地になっています。

jakobswegeeuropa[1]

サンティアゴ巡礼路 (出展:http://whc.unesco.org/en/list)

著名な巡礼はピレネー山脈のフランス側サン ジャン ピエド ボー から

約780KMを一か月あまりをかけて巡礼します。

 

サンティアゴ デ コンポステーラとは サンティアゴは聖ヤコブのこと。

ヤコブはイエスの十二使徒の一人です。

ガリラヤ湖畔に住む漁師で弟のヨハネと共にイエスに師事しました。

イスラエルからイベリア半島に渡り、布教活動をしたのちエルサレムに戻って捕まり殉教します。

その後遺骸は復活を恐れて土葬することを禁じられ、彼の弟子たちが船の乗せて送り出したところ

ガリシア(スペイン西部)の海岸に流れ着き、川をさかのぼりイリア・フラビア(現在のパドロン)に流れ着いたあと行方不明になってしまいました。

 

時が過ぎ、9世紀になり星の導きにより羊飼いの少年がヤコブの遺骸が眠る場所を見つけた とされています。

しかし、これにはほかにも説があるようで、天使が信者達にヤコブの墓を示したところ、そこに異常に光る星がありました。

その後、司教が断食をしたのちそこを探したところヤコブの墓が出てきたともいわれています。

 

いずれにせよ「星」が導いてくれたように思えてなりません

そして コンポステーラとはラテン語の「Campus stellae」(星の野)に由来するのではないかと言われています。

 

別の解釈では「Compositum」(墓場)とされていますが詳しくはわかていません。

なんか星のほうがイメージが広がりますよね。

hoshizora7107118693_26d4e2dfea_o

大聖堂は改修中で残念ながら正面からははいれませんでした

サンティアゴ デ コンポステーラ大聖堂で有名なものがボタフメイロ。

8

ボタフメイロとは香炉のことで、ここの香炉は高さが1.8m 重さ80kgで世界最大の香炉のひとつです。

800px-Santiago_Catedral_Botafumeiro

このボタフメイロの振り香は11世紀から始まったといわれています。

長く辛い巡礼を終えてここのたどり着いた巡礼者たちをたたえ、癒し、ペストなどの疫病を防ぐ方法として始まったそうです。

 

この巨大な香炉を振ることで様々な事故も起こりました。

香炉がはずれて落下することもしばしば。

1499年には振られた香炉が勢い余ってはずれ高窓から飛び出してしてしまった事故もあったそうです。

 

そしてクライマックスである聖ヤコブに会いに行きます

大聖堂の奥正面にあたるところの聖ヤコブ像が祀られています

7

金色に輝く四角い部分です

10

矢印のところに聖ヤコブ像が祀られています。

この後ろ側に行くと、聖ヤコブの背中に触れられるのです。

6

聖ヤコブ像の後頭部に額をつけていると

カミーノを歩いている自分の姿が見えました。

来年か いつなんだろう きっとカミーノを歩くんだろうなと確信しました

11

これが聖ヤコブの遺骸が祀られているところです。

星が降る野原を歩いてサンンティアゴ デ コンポステラにたどり着くのは

いつになるのか楽しみです。

来年はファティマにマリア様が降りて100年の記念の年。

それにあわせてカミーノを歩くのもいいなと思っています。

4

これは大聖堂にあるコンポステラ「星の野原」をイメージしたもの。

歩きながらコンポステラを天の川を見てみたいなあ・・・

 

ちなみに この日僕は偶然にも星のTシャツを着ていました!!

2

(大聖堂の前で魔法使いに頭に乗られちゃった!!)

 

 

 

 

 

 

 

ポルトガル ブラガ ボン ジュズス教会

ブラガにあるBom Jesus do Monte(イエスの丘) にある教会です。

ポルトガルでは

リスボンで遊び、コインブラで学び、ポルトで働き、ブラガで祈るといわれます。

そうなんです

ブラガは 「祈りの街」 なのです。

ボン ジュズス教会はその名のとおり 「イエス教会」はイエスの丘にあります。

この丘にはケーブルカーがあるのですが、その動力は「水力」です。

elevador

ほのぼのとしています。

下から見る教会はこんな様子

始まり

かなり格好いいフォルムをしています。

この階段の両端に塔があります。

蛇

螺旋状にからまったようなネジのような塔。

この螺旋の先端から水がながれています。

その先端が蛇の頭でした

蛇2

アスクレピオスの杖を彷彿させるような形状です。

キリスト教では蛇は邪悪なものです。

その蛇が教会の前にこの塔がある理由としては

蛇(誘惑)に負けずにいることを試されていることだと思われます。

階段を上るにつれてクンダリーニが上がっていくという

サインにも見えるんですが。。。

「イエスの教会」だけあって

イエスの受難のいくつかのシーンが参道の庵に施されています

イエス1

イエス2

イエス3

またこの教会に上る階段に噴水があります。

この噴水が 目 鼻 耳 口 感触

 2目

鼻

耳

 口

感覚

 なんか六根清浄みたいです。

いや意外に、最初の蛇の塔のところからクンダリーニを意識して

噴水を(8つあります)通るときに、その感覚と同時にチャクラを活性化するように意識すると

んっ!?

なんかいい感じ。

そして最後に教会の中へ

教会

教会2

 凄く清楚で、しかも立体的。

ブラガの聖地  ボン ジュズス教会 必見です