Monthly Archives: 3月 2016

3回目を迎えた TOKYO OPEN LIVE 満員御礼で終了しました~~~!!

 

昨年の秋、札幌のCAFEここにいいるよ。のMICHYOさんが東京でライブができたらなあ~

という つぶやきから始まったTOKYO OPEN LIVE。

今回で3回目を迎えました。

MICHIYOさん メーテルさん そして大村真吾 で自己表現をする場所を作ろうと

始まったこのLIVE。

 

毎回 目玉になるプロも出ていただき、笑いあり、涙ありのLIVEになりました。

 

 

12107960_1087655961294354_2161503352391391832_n

会場はこんな感じで満員御礼でした!!

 

出演はまず最初に僕 大村真吾。

4月2日(土)16:10からオンエアされる

鎌倉FMの「魂のリラックス 略してたまりら」のメインMC 宇津雄一さんとで

公開収録を行いました。(オンエアできるかはチェックしてからね)

1557632_1087655621294388_8261134599476344224_n

 

 

 

 

 

 

宇津さんはボイストレーナであり、シンガーゾングライターであり

ラジオ番組を十年くらいされている方なんです。

野球のラジオ実況もしていたんですよ!!!

宇津さんにギターで伴奏をしていただき2曲歌わせていただきました。

 

そして次はメーテルさん。

1910638_1087655647961052_3874259507118082161_n

メーテルさんは宇宙語を降ろしてきてインプロビゼーションで歌います。

まさに宇宙からのメッセージ!!

1914874_1087655677961049_3829699410222434624_n

そこに田中 希さんの宇宙語と踊り(今回はステージが狭かったので、手の揺らぎが印象的でした)

そして今回はAkemiさんが即興の演劇をしてくださいました。

akemiさんのお腹には赤ちゃんが。。。こんな即興のライブをお腹の中で経験してる胎児って

生まれてくるのが楽しみです。

メーテルの宇宙劇場 次はどうなるのか楽しみです。

 

3番目の登場がMICHYOさん

1915669_1087655734627710_7262451308189790061_n

MICHIYOさんから今朝 ギターの伴奏を頼まれて。。。

うまくできませんでした。ごめんねMICHIYOさん

今回のLIVEはMICHIYOさんにとって覚醒の日だったかもしれません。

今までの2回とは違ったフィーリングで歌い、そのエネルギーが会場を満たしていました。

LMTの小田さんは「母親の愛情のあふれた子守唄のよう」

おなじくLMTのクッキーさんは「懐が深い」

それを受けてLMTのひーさんは「それはギフトだ」と打ち上げで語っていました。

クレッグは「彼女はハートから観客に語りかけていたね」と。

新しい段階にはいったMICHIYOさん 次回も楽しみです。

 

そして4人目はクレッグ ジュンジュラス

369_img01

クレッグは作詞作曲を行い、いまレコーディング中という半プロみたいな存在。

ワンダフル トゥナイト、イマジン、ローズといった曲を弾き語り。

2曲は自作の曲を演奏しました。

クレッグは誘導瞑想の時は瞬間的に眠ってしまうほどの落ち着きのある声の持ち主。

これが歌になるとまたすごく味があるんです。

それに加えてクレッグのエネルギーとオーラが音と一緒に会場を包み込みます。

彼の歌はヒーリング効果抜群です。

 

5人目は大橋俊夫さん

IMG_0317

大橋さんはフリーアナウンサー。

東京FMやJFNで番組や報道をされています。

なんとJR北海道の車内放送はすべて大橋さんなのです!!!

大橋さんは朗読劇をしていただきました。

もうそうれは一人芝居を見ているよう。 朗読というか演劇です。

あっという間に大橋さんの世界に引き込まれました。

大橋さん、またお願いしま~す!

 

6人目は直美さん

IMG_0324

LMTのお三方に伴奏をしてもらうという贅沢な構成。

歌った曲はLMTの「夢」と「あの人のいない週末」

「夢」は前回のOPEN LIVEでカラオケで歌い、お客さんを涙ぐませたあの曲です。

その結果、今回の本家LMTに登場していただくきっかけになったのです。

今回は伴奏をLMTにしてもらって、いきいきと歌っていました。

「あの人のいない週末」では振りもついて大うけ。

観客からは直美さんが一番エンターティナーだったといわれていました。

うらやましい~~

 

そしてラストはLMT(ラブ ミュージック トゥギャザー)

IMG_0327

 

 

 

 

 

 

小田敏明さん(ギター ヴォーカル)

日吉 大雄さん(ベース ヴォーカル)

クッキー里中さん(パーカッション) クッキーさん写真に写ってなくてすみません

 満を持して登場のLMT。 やっぱいいです。 かっこいい!!

なんというか 適度にゆるく だけど上手くて きゅっと締まってる感じ。

芯がしまっていて周りがふわっとしているみたいな

ともかく詩と曲もいいんです。

色んなことを乗り越えてきた大人が、その人生を詩と旋律に乗せて音楽を楽しんでる。 そんな感じです。

やっぱり人間性が溢れてるんでしょうね。

 

4月8日(金)L.M.T.春のワンマンライブ!! 
「四谷ソケースロック」  で行います。

 

みなさん是非 入ってみてくださいね。

 

そしてLIVE中 彩華ちゃんがずっとライブアートを描いてくださいました。

 

アート

947365_1087656061294344_6099428152093976673_n

1536484_1087656004627683_2333806567398785162_n

1017403_1087656117961005_4553175361047645248_n

1508607_1087656104627673_1500947133370222257_n

彩華ちゃんありがとう!!

 

4月5月はドサ廻りをします。

4月16日 札幌 くう

5月14日 名古屋 メルローズ

 です。 これからもよろしくおねがいしま~す。

 1914976_10208220600969197_2332129176386981962_n

 

IMG_0329

 パワースポット スピリチュアルキュレーター 大村真吾 開運ブログ

 

 

 

 

 

 

ヒーリングピアニスト松尾泰伸さんが北海道に初上陸します!!

matsuo

松尾泰伸さんはフィギュアスケートの羽生結弦の2015年-2016年のエキシビジョン曲

で使われてる「天と地のレクイエム」の作者であり演奏家です。

 

松尾さんはピアニストしては変わったプロフィールの持ち主です。

 

幼少時代にピアノを習い始めるのですが、数年で嫌になってピアノから離れてしまいます。

楽譜どおりに弾く窮屈さがたまらなく嫌だったと言われていたことを記憶しています。

だけど、音楽は好きだったのでキーボードは弾かれていたそうです。

芸大にはいり

卒業と同時にあの舞踏集団「白虎社」に拉致されるかのように連れて行かれて音楽担当になります。

インドネシアでガムランミュージシャンと共演したり、アジア各国、中東、ヨーロッパ各国で熱球的な支持を受けます。

白虎社の舞踏はアバンギャルドで海外での評価のほうが高かった舞踏集団だったと思います。

 

その後、mar-paという独自ユニットを結成してpony canyonからメジャーデビューをします。

mar-pa解散後はヒーリングを目的としたDVDの作成のかかわり、ジャンルを超えたアーティスト活動を行っていきます。

 

幼少でピアノを離れて以来、松尾さんはずっとシンセサーザーの演奏家として活躍を続けています。

 

熊野本宮での奉納演奏やアメリカ フェニックスでチベットの高僧ザチョゼ・リンポチェ氏とコンサートを行うなど

お寺や神社、自然といった方向に活動の範囲が広がっていきます。

 

そんな2006年 松尾氏に唐突な変化が訪れます。

 

ある男の人が「ピアノを弾きなさい」といってピアノのあるホールの予約を勝手にしてしまうのです。

 

それはコンサートではなく、収録をすることになります。

 

数十年ぶりに触るピアノ。

しかもそのピアノは数あるピアノのなかでも独特の音色を奏でる「ベーゼンドルファー」

product225

 

何度弾いてもミスタッチが起きてあっという間に1日が終わり、2日目も午後になっています。

 

やっとの思い出弾いた「いのり」で完璧な演奏が出来たのをきっかけに

次々に演奏ができて、その収録で初めてのピアノアルバム「赤いルン」が完成します。

red_rlung

 

しかし

 

物語はそんなに単純ではありません。

 

そんな思いで演奏した2日間のホール代金は、未納で松尾さんが支払うことになります。

 

まあ松尾さんが弾くために借りられたホールなので、松尾さんが払うのは当たり前言えば当たり前なのですが・・・

 

なんと

 

その男の人はホールの予約だけをして、松尾さんにピアノを弾きなさいと告げて

忽然と消えてしまったのです!!

 

まさに、松尾さんにピアノを弾かせるために

 

「赤いルン」を世に出すために

 

松尾さんがそのあとピアノ演奏家にさせるためかのように

 

その男の人は現れたのです。

 

まさに神がかり

 

というか

 

その男の人は実在したのでしょうか???

 

その後、松尾さんはヒーリングピアノの世界を創り上げていきます。

 

松尾さんはかなり受信性の強い人です。

 

自然現象や山からのメッセージを全身で受け止めます。

 

それは本人が願っているか否かにかかわらずです。

 

富士山からも強力なメッセージを受けて、身体に異常をきたしながらコンサートを行ったりもしています。


o0480064012600273884

その典型的な曲が「天と地のレクイエム」です。

requiem

これは東日本大震災の鎮魂のために、強制的に創らされた曲です。

 

恐らく、亡くなられた多くの魂の鎮魂と生き残って未来を築いていく人たちえのエールを

大いなる存在からの指令で創らされたのだと思います。

 

だから

 

この曲を聴くと

 

魂が震えるのです。

 

涙が自然とあふれるのです。

 

だから

 

羽生結弦選手はこの曲を聴いて、エキシビジョンの曲に即決したのでしょう。

 

この曲で滑る羽生結弦選手はまるで憑依しているかのように見えます。

 

そして、演奏する松尾さんは確実にトランスしています。

12646952_10203869415094175_878909035823920050_n

これは幕間から何度も見ているので確実にトランスしています(笑)

 

9d09ab22a22b541c19663387a8d6a99b

その松尾泰伸氏が北海道に初上陸します。

松尾泰伸ピアノコンサート&More

4月16日(土) 14時から

場所は札幌駅前の 六花亭ふきのうとうホール

ピアノは「赤いルン」と同じベーゼンドルファー225

 

松尾泰伸さんのピアノの世界に是非いらしてください

お申し込みは

http://peatix.com/event/147159/view

または

cafeここにいるよ

北海道札幌市西区西野5条7丁目5−25 でチケットを販売しています。

 

12645021_10203869414254154_2967466233353693226_n

 

スピリチュアル キュレーター 大村真吾ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京で平日の午後の新規369会を開催します!!!

 

日時:4月6日 午後13時から

場所:クラブワールド

東京都港区北青山3-5-6 青朋ビル3F  です。

 参加費 1回 ¥6660

お申し込みはコチラから

 

369会とは

ご自身の潜在する能力や直感力を開花していくワークショップです。

スピリチュアルキューレター、大村真吾が、アメリカネイティブアメリカンの儀式やバリ島での修行・儀式、インドでのアシュラム

など国内外で経験したことをもとに、

リーディングや瞑想のやり方を楽しみながら学ぶワークショップです。

369会は1年をとおして1ヶ月に1回、全12回のプログラムで行います。

グループレッスン内容

1回目:体に天と地のエネルギーを入れて循環させる瞑想
2回目:ハイヤーセルフとの繋がり方
3回目~9回目:第1チャクラから第7チャクラのリーディングと説明
10回目:自分の過去生リーディング
11回目:相手の過去生リーディング
12回目:イニシエーション

長野県伊那市 分杭峠の「ゼロ磁場」

このあたり全体に中央構造線という太平洋の地層とユーラシアの地層がぶつかるエネルギーライン。

 IMG_1357

そのラインが露頭しているのが伊那市長谷分杭峠周辺なのです。

1億年以上前にあったイザナギプレートが北西太平洋から北東に動きユーラシア大陸

にぶつかり今の日本列島の原型を作り出したとされています。

その後イザナギプレートは大陸の下に潜り込んでいきました。

その接合したラインが中央構造線といわれれいます。

日本を作ったプレートなのでイザナギプレート と名づけられたのです。

ここ伊那市では地球の動き、日本列島の始まりを見ることができるのです。

 

そこで3月11日(金)セドナのヒーラー クレッグジュンジュラスがイブニングセミナーを行います。


クレッグ

クレッグは潜在意識を引き出す声で誘導瞑想を行います。

 

なんと、その誘導瞑想のときに

ソルフェジオ周波数でチャップマンギターを演奏する

ウッディモジャ(西山克幸)さんが来てくれます!!!

もじゃ

「ソルフェジオ周波数」は、グレゴリアン聖歌などにも使われていた古代の音階のことです。

その音は、特定の周波数を発し、物質と意識に働きかける効果があるといわれています。

欧米ではヒーリングに利用されています。

効果は「罪悪感の解放」や「マイナス状態からの脱却」、「細胞の活性化」など。

壊れたDNAを修復するというすごい作用を持っています。

stick

 ウッディモジャさんが演奏するチャップマンスティックはエレキギターに似ているのですが

右手で弦をはじいて演奏するわけではなく

左手で弦を押さえるときのタッピングの音で演奏します。

低音が体に響き、高音は脳幹を震わせるかのようです。

stick04

クレッグが誘導瞑想と、ウッディモジャさんのソルフェジオ周波数の演奏が

みなさんを普遍的な愛の領域に 導くことになるでしょう。

至福の時間を過ごせると思います。

 お申し込みはコチラから

3月11日  イブニングセミナー IN 伊那 長谷 分杭峠

3月12日から13日は ゼロ磁場 気の里でセミナーを行います 

 

*3月11日 イブニングセミナーの場所は伊那市長谷の「気の里ヘルスセンター」

伊那市長谷非持544番地1

 

*3月12日から13日のセミナーは

「入野谷」 長野県伊那市長谷市野瀬405で行われます

 

大村真吾のスピリチュル ブログ 

インスピレーションに従うとシンクロが発生しやすくなります。

 

そのシンクロに素直に従っていくと、僕たちは思いもよらない場所に連れて行かれます。

 

僕は1999年からその波に乗って生きてきました。

15年働いた会社を辞めて・・・

 

もちろん楽なことだけではありません、苦しいことや厳しい局面もありました

そしてそれは今でも変わりません。

 

だけど、どこかで大きな力に支えられてるって感じるんです。

 

苦しいことや厳しい状況もすべて織り込み済みで、

それらは、その後に待ち受ける楽しく嬉しいことを倍増させるための

スパイスとして用意されている。

 

 

だから、すべて許容できるのです。

 

すべて「おもろいなあ・・・」って楽しむことができるのです。

 

そんな事から派生したことの一つがTOKYO OPEN LIVEです。

札幌に友人の大滝美千子さんという人がいます。

 

大滝さんは ”CAFEここにいるよ。” というCAFEをされています。

その大滝さんがマヤの紐解きを行うインラケチさんが開催する「マヤの集まり」で

絶対反対KINの人と出会ったのです。

*絶対反対KINとは:自分と真逆のキャラクラターを持つ人。なかなかめぐり合えない。 

この人は自分に持っていないモノを持っているので刺激を受けることになります。

興味のある方は3月~4月にインラケチさんが東京にやってきます

 

大滝さんはcafeのオーナーなのですが、そのcafeはありきたりの喫茶店ではなく

大滝さんが直感で感じたアーティストの個展やセッションなどを開催する

イベント開催系のcafeなのです。もちろん普通にコーヒーも飲めます(笑)

cafeここにいるよ。は非常に心地の良い空間で、炭を敷き詰めた上に建てられ

その建材は珪藻土やこだわりの資材で造られているのです。

 

大滝さんはcafeここにいるよ。でインラケチさんのマヤの紐解きをコーディネートしていました。

自分もそのセッションを受けたときに

インラケチさんのセッションで音楽にかかわることがでてきて

その結果「CDデビューしかないね」といわされる。

 

その数日後

マヤの集会にでたとき、絶対反対KINのプロの音楽家に出会ったのです!!

そして、思わず「CDを造りたい」と言ってしまったのです。

 

音楽家の人は大滝さんとは初対面だし、もちろん話したこともなければ

歌も聴いたことはありません。

 

なのに

なのにです

 

この方は申し出を受けてくれたのです。

 

 

その後、その方の作詞作曲で曲が出来上がりレコーディング

借金までしてCD作成にまで至ったのです。

 

 

その後、CAFEここにいるよ。ではオープンマイクを毎月1回開催して

他の人たちに歌うことの門戸を広げるとともに

自分に対しても人前で歌う、伝えることを課したのです。

 

こうして大滝さんは シンガーソングライターMICHIYOとして活動することになったのです。

 

インラケチさんのセッションの後、直感で口に出したことが

新しい現実を作り出していったのです。 絶妙なシンクロを伴って・・・。

 

その延長線上で

大滝さんが 「東京でLIVEみたいなのができたらあ」というつぶやきを聞き

友人で宇宙語の唄を歌いだしたメーテルさん と一緒に LIVEをやってみようということになったのです。

 

僕たちと同じように「表現をしてみたい」と思っている人は意外にいるのかもしれません。

そんな表現をできる場所を作ろうという趣旨でTOKYO OPEN LIVEが始まりました。

 

だから、音楽にこだわる必要なありません。

 

前回は和田道子さんに「朗読 読み聞かせ」をしていただきました。

 IMG_1816

また、関田直美さんもメーテルの詩を朗読しました。

 IMG_1798

田中希さんはメーテルの歌で即興コラボレーションダンスを披露してくれました。

 IMG_1791

この2回のライブをする過程で

メーテルさんが『De la lumiere ~Une noubelle porte』

MICHIYOさん(大滝さん)が『満天の宙~いまから未来へ~』

 というCDを出したのです。

前回のTOKYO OPEN LIVEで  MICHYOさんはシカさんと共演

IMG_1805

メーテルさんは宇宙語での即興SONG と日本語の作詞作曲の曲を歌われました

o0480036013551116031

札幌からピアノの弾き語りで渡辺みえこさん

IMG_1820

そしてスペシャルゲストで羽生結弦選手のエキシビジョン曲の作者でありピアニストの松尾泰伸さんに

出演していただきました。

ご自身のコンサートの後でお疲れであったにもかかわらず、ありがとうございました!!

12644767_725858074180309_7722723449697799044_n

メーテルにも不思議で興味津々のシンクロが多発しています。

たとえば・・・落とした名詞を見て電話をかけてきてくれたおじさんに

延々と数時間音楽や芸能にかかわることを喋り続けられたことなどなど

メーテルのブログ

 

そして、僕に起きたシンクロとは

 

LIVEをやることで、ボイトレに通い始めたのです。

僕が1月3日にJ-WAVEにゲストで出るんですという話をしたら

ボイトレの先生も鎌倉FMの番組をやっているとのこと。

 

その結果

 

なんと

 

そのボイトレの先生 宇津雄一さん と鎌倉FMで番組をやることになったのです!!!

 

最初のオンエアは4月2日の午後4時10分 82.8MHz 鎌倉FM

番組名は「魂のリラックス 略して たまりら」

 

この流れ、MICHIYOさん(大滝さん)が言い出した「東京でライブが・・・」

という言葉をきっかけにメーテルと僕が

「素人なのにライブやるなんて・・・」という内なる声 外の声を無視して(笑)

始めた結果、三人三様の現象が生まれているのです。

 

これは僕たち3人に限ったことではなく、出演していただいた方々にも何かが起きています。

 

そして、LIVEにやって来てくれた人たちにもシンクロの種が撒かれているのです。

 

こうして

3回目を迎える TOKYO OPEN LIVE を3月20日に行います。

場所は高田馬場 天窓

 

出演者は

MICHIYO   メーテル   大村真吾   関田直美

そして

セドナからクレッグ ジュンジュラス

o0480064013480839052

 クレッグは10代のころから作詞作曲をしていて、いまレコーディング中。

彼の誘導瞑想を聞いたことがある人は、クレッグの声を知ってますよね。

めちゃ いい声です。

 

そして  2回目のライブの時に関田直美さんが歌って みんなが涙した「夢」。

この曲は Love Music Togetherという音楽ユニットが演奏しています

o0480034813568070332

12746547_961046347309938_1188221526_n

小田さん

その「夢」の作詞作曲でヴォーカル&ギターの小田敏明さん

 日吉さん

ヴォーカル&ベースの日吉大雄さん

 12736441_961010307313542_325017702_n

そしてパーカッションのクッキーさん

 Love Music Together またいいんです。

涙なしでは聴けない・・・

魂に共鳴する歌と演奏なんですよ!!!

 

前回は笑いと涙のLIVEでしたが

3回目のTOKYO OPEN LIVEはどうなるでしょうか・・・

是非シンクロを体験しにきてください

日時:3月20日(土)18時~21時(開場17:45)

場所:高田馬場 天窓コンフォート

お申し込みはコチラから

 

よろしくおねがいしま~す

 12494814_1053447951381822_7203145449036650622_n

 d31888144b60389e9c58a5ca4fd21b66_original

 

 

 

 

 

大村真吾のスピリチュアルブログ