Monthly Archives: 6月 2016

7月369会スケジュール

 

時間 クラス 回数 場所
3日 10:00

13:00

15:00

小山 2回目

お茶会

12回目

 日向庵
4日

1300

1600

名古屋

 7回目

8回目

ナディアパーク
5日 1900 川崎 5回目 オフィスモトスモヨシ
6日 1300 守谷 4回目 砂邉家
6日 1900 東京EF 10回目 クラブワールド
7日 1900 東京H 5回目 クラブワールド
19日 1000 お話会 袖ヶ浦母屋
29日 1300 東京J 4回目 未定
29日 1900 東京C 11回目 クラブワールド

 

☆名古屋 名古屋市青少年文化センター(アートピア) 第一研修室 (中区栄3-18-1 ナディアパークデザインセンタービル9F  地下鉄「矢場町」下車5分 )

☆クラブールド 東京都港区北青山3-5-6 青朋ビル3F potalpoint内

☆青南いきいきプラザ 東京都港区南青山4丁目10−1

☆青山いきいきプラザ 東京都港区南青山2丁目16番5号

☆カフェ ここにいるよ   北海道札幌市西区西野5条7丁目5−25

☆オフィスモトスミヨシ 神奈川県川崎市中原区木月1-32-3 内田マンション2階

☆セキスイハイム展示場  佐賀県佐賀県武雄市武雄町昭和789-1

6月25日放送分 鎌倉FM 「魂のリラックス 略して たまりらyoutubeバージョンをアップしました

gp

 

https://www.youtube.com/watch?v=HfLrtpxx7OQ

 

鎌倉ロケに続き江の島編をお送りします。

 

江の島と言えば みなさん江の島にわたり江の島神社に行かれることが多いと思います

 

今回はその江の島には行かずに、反対側の山側のスポットに向かいます。

 

そこには龍口神社元宮と龍口寺があります。

 

この龍口神社は遷宮して山の中腹(といいても住宅街ですが)に。

残された元宮がちょっと悲惨なんです。

なんとも息が詰まりそうな感じ。

 
 
 龍口

なにを隠そう、この龍口とは、江の島の龍神のまさしく「口」にあたるところなのです。

 

江の島や、その周辺の海側は訪れる人も多くにぎわっていますが

山側はすこし寂れています。

 

この元宮の龍神の呪縛を解いて、息吹をとりもだしてほしい感じがするのです。

 

みなさん、ぜひ訪れて祈りをしてください。

 

多くの方が訪れることにより、エネルギーが変わり、元宮のありようも変わるかもしれません。

 

そして、龍口寺も日蓮のゆかりのあるお寺。

 

日蓮が難を逃れた場所。

 

難を消す→消難→湘南 なんてね。

 

さもありなん(笑)

 

僕はできるかぎるかぎり「ノー」を言わない。

頼まれたことは、できるかぎり「イエス」と言う。

と思っています。

 

すると、どうなるか・・・

 

BM&Sは

 

僕ら めっちゃ 凄いねん

 

の略ではなく(笑)

 

BODY  MIND  &  SPIRIT  OPEN  LIVE  の略です。

IMG_0329

そもそも

 BM&S OPEN LIVE は 札幌 CAFEここにいるよ。 のMICHIYOさんの

「東京で5・6人規模の少人数でいいからライブができたらなあ~」 というつぶやきから始まりました。

 

MICHIYOさんの CAFEここにいるよ。 ではオープンマイクを1か月に1度開催をしていて

そこでMICHIYOさんも 自分の曲を歌ったりもしています。

 

それをメーテルと聞いていて 早速会場の予約をしたのです。

 

それが 近くの公共施設の「敬老室」だったので、もうちょっと違うところで・・・

 

ということになり

 

千駄ヶ谷にありライブハウスを見つけて開催することになったのです。

 

その過程では、いろんな葛藤がありました。

MICHIYOさんには自分が言い出したにもかかわらず

「人前で歌うことにためらいがある」

 

メーテルさんには

「宇宙語が降りてきて、それを即興で歌にすることが始まったけど 人の前で歌えるのか?」

 

僕にも

「人の前で歌う自信なんて全くない」

 

という状態だったのです。

 

そうです、僕たち3人は全くの素人です。

 

そんな僕たちがライブハウスを借り切っちゃったのです。

 

ライブハウスを借りたからには、実施しなければなりません。

人に来てもらわなければなりません。

 

ということは 来てもらえるような体裁にしなければならなということです。

 

そこで、僕たち以外に、体裁を整えられる人に出演をしてもらうことにしました。

 

そして なんとか1回目のOPEN LIVEを終えることができました。

 

 

そして分かったことは

 

思い切ってやれば なんでもできる~

 

ってこと。

 

技術的な問題は多くあります。

 

もともと僕らは素人なので、なにか違う表現をすればいいのです。

 

「自己表現」

 

それこそが大きな目的だったのです。

 

だから

 

このライブは「自己表現」をする すなわち僕たちの第5チャクラをオープンにすること。

 

そして、来ていただく方々にも共感を持ってもらうことで 第5チャクラを開ける重要性を知ってもらうことだったのです。

 

そして今年の1月に第2回目

o0480036013568070316

3月に3回目

o0480027013599631117

o0480036013602657072

4月には札幌で

o0480036013624694777

5月には名古屋で

o0480036013648587868

開催することになったのです。

 

MICHIYOさんの一言がメーテルさんと僕を動かせて このライブにつながっていったのです。

 

このライブをきっかけに、さまざまなシンクロが起きています。

 

僕にも起きています。 MICHIYOさんにも起きています。 メーテルさんにも起きています。

 

今度 一緒に出ていただく宇津さんにも起きています。

 

宇津さんには今 オンタイムで 凄い変化が起きています(詳しくは本番でお話します)

 

 

そして今週

 

6月25日 BM&S OPEN LIVE を新宿で行います。

IMG_0329

 

出演者は

MICHIYOさん&シカさん

IMG_1805

MICHIYOさんがオリジナル曲を歌い、シカさんがギター。

MICHIYOさんの声は心に染みてきます。

 

 

 メーテルさん&聖子ちゃん

o0480027013648585285

 メーテルさんの宇宙の旋律、歌声に漂ってください。

気持ちいいですよ~

聖子ちゃんが宇宙語の翻訳で参加しま~す。

 

 

直美さん

o0480036013675676035

 またまたエンターテイメントで会場を沸かせてくれるでしょう!!

 

和田道子さん

o0480064013675676031

 今回の読み聞かせは何でしょうか

めちゃ期待!!

 

ウッディ モジャさん

o0480036013480839020

ソルフェジオ周波数で演奏されるチヤップマンスティック。

会場は「愛」の波動で満たされるはず。 期待していてください!!

 

LOVE MUSIC TOGHTER

o0480036013675676038

今回は小田さん(G VO) 日吉さん(B VO)に加えて

大人気のドラムのクッキーさん

13394119_1127038794024330_44631677883528884_n

 

そして今回はサックスで武田和大さんが登場します

武田和大

クッキーさんのドラムと

和大さんのサックスがはいったLMTはカッコいいですよ~

 

そして僕は 鎌倉FMでいっしょにパーソナリティをやっている宇津雄一さんに助っ人になってもらいます

12991114_1128096017251941_2679387774258829897_n

13432219_1130859503642259_6386323895728283952_n

 

今 予定しているのは

オリジナルで

*不思議なパン屋さん

*ディスカバリー

*満天の宙(そら) 作詞michiyo

宇津さんもオリジナル曲を歌う予定です。

 

そして宇津さんに起きている現在進行形シンクロを発表しちゃいます(宇津さんに言ってないけど・・・)

 

この話 諸所の事情がありブログには書けません。

 

ライブに来ていただいた方だけにお話ししますね。

 

まさに

 

「yes」と言ったらこうなるよ!! という話です。

 

お楽しみに~

 

6月25日 夜18時開演

場所 新宿グラムシュタイン

参加費 ¥2500 1ドリンク付き

 

お申込みはコチラから

BM&S OPEN LIVE VOL.6 IN東京

 

IMG_2627

パワースポット選出に協力した雑誌

真実のパワースポット Best100

が発売になりました!!!


こんな感じで載ってます
IMG_2628
イラストです(笑)結構似ています。

私をはじめ、4人がおすすめのパワースポットを30選んで
その中で編集者が様々な要素を鑑みて
ランキングを決めていかれたようです。

IMG_2629









こんな感じで100個所のパワースポットが紹介されています。


そして


この企画の他に

東京パワスポ 1DAYベストプラン

という企画を寄稿しています。

IMG_2630












☆恋愛成就コース
IMG_2631












☆女子力アップコース
IMG_2632












☆金運アップコース
IMG_2634












☆総合運アップコース

買って読んでみてくださいね~~

全国パワースポットベストランキング
真実のパワースポット ベスト100
出版社:晋遊舎
¥980
またまたポルトガル ファティマへ行きます ~その1~ の続き


そのクリスタルの教会は 祭壇の前に大きなクリスタルがあるだけでは無いのです。


なんと


この場所に マリア様が降臨しているのです
IMG_0711
クリスタルの後ろにあるマリア様の絵の花のところ

アップにすると

IMG_9347













この光がついているところ。

この土の上にマリアが降り立ったのです。

この土を触れちゃうんです。。。。

しかも ふわふわ~



ファティマにもマリア様は降臨しています。

フランスのルルドにも降臨しています。


だけど


その場所を触ることができるのは

ここだけじゃないかなあ。。。



とっておきの場所です。



これになにか感じた貴方

一緒にポルトガルに行きませんか

7月8日から15日 聖母出現 ポルトガルの聖地をめぐる開運ツアー

お申込みはコチラから



☆クラブワールドのツアー☆

 369会限定 6月26日 宝徳山稲荷1日ツアー

 運気好転奇跡のお寺円明院日帰りツアー

 369会限定 名古屋発 丹後元伊勢ツアー

 


知り合いのTさんに誘われて

銀座で開催されている 「マークエステル展」 に行ってきました。

IMG_2430
そのTさんは、しばしば電話をしてきて 様々な人を紹介してくれます。


僕はいつもどこかに行っている事が多いので

突然 言われても 予定を調整することが厳しいのです。

しかし、なぜかTさんから誘われた時は、すっぽりとスケジュールが空いていることが多いのです。

今回もそれに類するものでした。


Tさんのアポイントの内容はこういうものでした。

「Tさんが東京に出てきて、知り合いの画家 マーク エステルさんの個展に行くのでご一緒しませんか?

そこに高野 誠鮮 さんもいっらしゃいます。」というものでした。

高野誠鮮さんはローマ法王にお米を献上した石川県羽咋市のスーパー公務員として有名な方です。

先日 石川県のコスモアイル羽咋に行ったときに、高野さんにお話を伺ったのですが

ご挨拶する機会を逸していました。

マークエステルさんの絵も好きだったので、”二人の会いたい人”に会える機会を

Tさんは作ってくれたのです。


しかし 朝 Tさんから電話があって

「高野さんは官邸でのアポイントがあって来れないみたいです。
ごめんなさいね、それでもいらっしゃいますか?」と。

僕はマークエステルさんにお会いできるだけでも十分なので、もちろん伺うことにしました。


さて

マークエステルさん(マークエステルさんの公式ページ)とは

パリに生まれ 外交官として働いていましたが、大阪万博に訪れた際

清水寺で和紙に描かれた水墨画の「滲み」に魅せられて

外交官をやめて芸術の道にはいり、キャンバスに油絵で滲みを描き出そうと決意します。

世界中で活躍をするなかで、日本の神々の絵を描き各地の神社に絵を奉納していきます。

この絵は高千穂神社に奉納したものです

高千穂

そしてこの絵は明治神宮
明治

この絵は出羽三山

出羽

もう魅せられてしまいます。

画廊に展示されている絵を眺めていて

ある一つの絵に見とれてしまいました

ookuni
この絵は大国主と白兎の出会いのシーンです。

後ろの空の色が印象的で、しかもそこに神々が潜んでいるのです。



しばらくこの絵の時を忘れて前で佇んでいました。



マークさんは古事記のシーンをいくつも絵にしていています。


そしてこの画集に目が釘付けになりました
visual01

ページを捲るごとに繰り広げられる神話の絵に引き込まれて

この画集を買わなければならない という心境になってきます。

結構な金額だったのですが、思わず「この画集ください」と言っちゃいました。


すると


マークさんがサインがわりの絵を描いてくださるとのこと。

おずおずとマークさんの前に座りました。

IMG_2431

「いつもはアマテラスを描くけど どうしますか?」

と聞かれ

迷うことなく

「大国主命をお願いします」 と答えました。


マークさんが えっつ? と思うような大胆な筆使いで描いていきます。

IMG_2434










IMG_2435










「こんなに丁寧に描くの?」 というくらいの時間をかけて描いていきます。


どうやら

いつもは もっと簡単に描くそうです。


偶然、アトリエ内には人が少なく、ほかに画集などを買い求めている方はいません。


そして


普段は描かない ”大国主命” だったこともあるようです。


マークさんは絵を描くことに没頭してしまったようなのです。


たぶん


1時間以上かけて描いていただきました。


IMG_2439










サイン代わりの絵とは全く違います。

完全なひとつの作品です。


一緒に記念写真を撮ってから
IMG_2436

「これ今日持って帰ってもいいですか」とマークさん

「???」

「今日 家に持ち帰って ちゃんと写真に撮り記録に残します」とのこと。

「あなたの名前も書きましょう」と言ってくださったのですが

この絵に僕の名前を書くのはちょっと違うと思ったので

「僕の名前はいいですと」と言ったところ

「じゃあ次のページに書きましょう」と言って

IMG_2438










と書いてくださいました。

ちなみにマークさんは漢字も書けます

そして、落款のような赤いハンコはマークさんの拇印。

しかも

「マークさん その指でいいんですか」 と言われながら押した拇印。


押してから

「あ~っ」というマークさん

なんと指に絆創膏を巻いていたのです(笑)


そして

拇印の横の一文の意味を尋ねたところ


「この前のページの絵はマークエステルが書いたものです」

という裏書みたいな一文だそうです。


まだ僕の手元に画集はありませんが、凄くうれしいプレゼントを頂きました。


よくよく思い返すと

高野さんとのアポが無くなったから、この時間が頂けたのだと思います。


高野さんありがとうございます。


今度 どこかでお会いできることをお祈りしています。


マークさん Tさん そしてこの個展を主催者 濱崎さん

ありがとうございました

3月にポルトガル ファティマに行ってきましたが、

7月にまたポルトガル ファティマに行きます。

今回は いつもコラボ企画をしている あべけいこさん(ブログ あべけいこ通信はコチラ) と一緒です!!

 

なぜこんなにポルトガルに惹かれるのか・・・

 

惹かれる場所、ふと訪れた場所 などには何らかの理由があると思っています。

 

僕の場合で言うと

 

子供のころから気になっていた場所はチベットでした。

何故かというと、小学生のころ地球儀をクルクル回すのが好きで

いろいろ地球儀を見ていると「何故?」 と思ったことがあったのです。

その地球儀は立体的で起伏がついていました。

海は青に塗られています

平野は緑

砂漠は灰色っぽく

山は黄土色。 高度の高い山の色は濃い黄土色になっています。

 

そんな中でこげ茶色に塗られている部分がありました。

そこがチベットだったのです。

ヒマラヤ山脈だから当然起伏もありゴツゴツしています。

見るからに荒涼とした雰囲気がするのです

「一体ここはどういうところなんだろう」

 

小さいころからに沸き起こった疑問はずっと続き

 

20歳のときに行った最初の海外旅行でチベットの地を踏んだのです。

 

そして、その後40歳を過ぎてから、過去生を見てもらったら

 

見てもらう人すべてに「過去性はチベットの僧侶だった」と言われたのです。

 

20歳のとき訪れたチベットの空の色は今でも脳裏に焼き付いています。

 

 そして気になっていた場所が

アンデス山脈、カラコルムハイウエイ、トルコ、ポルトガルなんです。

 

トルコは学生のときに。

アンデス山脈 クスコ マチュピチュ ボリビアは社会人になってすぐに。

カラコルムハイウエイもアンデス山脈の翌年に行ってしまい、

残るはポルトガルだけになっていました。

 

初めてポルトガルに行ったのは10年前。

 

それは石塚由美子さんと知り合うことから始まります。

石塚さんは声楽の歌手でピアニストです。

12年前くらいに知り合って、僕は石塚さんのボイスヒーリングを受けたのが始まりでした。

 

そのボイスヒーリングは音程を変えていき声でチャクラを調整するというセッションでした。

確か、その様子を秋山峰男さんが絵に描くというものだったと記憶しています。

 

 

その石塚さんが10年前にポルトガルに行き長期滞在をすることになったのです。

 

ちょうど僕はアメリカのセドナとシャスタに行く用事があり、

その延長でポルトガルに行くことにしたのです。

 

石塚さんと、彼女の友人に連れて行ってもらったポルトガルは印象深いものでした。

普通にポルトガル旅行では到底行かないような所でした。

一番の衝撃はクリスタル教会

 IMG_0707

キリストの台座がクリスタル

IMG_0705

鳩の台座もクリスタル。この鳩のクリスタルはかなり巨大です。

IMG_0708

こんな感じのこじんまりした教会なのですが

ここは近くでクリスタルが取れるところで、教会の壁には大きなクリスタルがボコボコついています。

 IMG_0709

IMG_0715

チャペルの中には大きなクリスタルが祭壇の前に鎮座していて

部屋の中に入ったら耳がキ〜〜ンとしたことを覚えています。

 IMG_0710

 これが祭壇の前のクリスタル。

 

もう圧倒されます。

 

10年前は耳がキーーンとしたのですが、

今回は大丈夫でした。

 

しかし

 

この教会

 

これだけではないのです。

 

続く

 

クラブワールドの開運パワースポットツアー

 

2016年7月8日 ポルトガル ファティマ 8日間 開運ツアー

 

 369会限定 6月26日 宝徳山稲荷1日ツアー

 

運気好転奇跡のお寺円明院日帰りツアー

 

369会限定 名古屋発 丹後元伊勢ツアー

 

 

宇宙の理(ことわり)について。

 

数年前のこと

 

秋田のクロマンタ(黒又山)というパワースポットに行ったときの事です。

300px-Kuromatayamaw

 

 

 

 

 

 

この近くには大湯環状列石もあり、大好きな場所なので

何度も訪れているのですが・・・

 

まずクロマンタとは

kuro021

 

 

 

 

 

<<黒又山の由来>>
標高280米、現在地より80米の三角錐のこの山は、ピラミッド説が強く神秘につつまれた山です。

人工的に積み上げた山ではないが、人の手で削り取り形を整えて、山霊を仰ぎ多くの人々の信仰を深め、祭儀を行なった山とされています。


地元の人々は昔から、この山を、クロマンタ山、又はクルマンタ山と読んでいます。


大昔から、この地方は蝦夷地であったのでクルマンタ山も蝦夷語で解説すると次のようになります。


「クル」とは神、又は普通でない人間の事。


「マクタ」とは野の事(マンタはマクタの転訛と思われる)。


「キシタ」とは山の事。


「クルマクタキシタ」すなわち神野山となり、これがクロマンタと呼ばれるようになったと思われます。

 

クロマンタとは神や神のような(普通でない人)がいる山 ということなのです。

 

 

いやがうえでも期待は膨らみます。

mototorii

 

 

 

 

 

 

鳥居をくぐり山道を15分くらい登って山頂へ。

 

山頂にはお社があります

motomiya

 

 

 

 

 

 

 

 

このお社の扉が開いたので、中にお邪魔してお参りさせていただくことに。

靴を脱ぎ6人で昇殿させていただきました。

 

それぞれにお祈りをしていると

 

突然 頭の中で「声」が響きました。

 

それは

 

「宇宙の理をおしえてよう」 という声でした。

 

「はい」と答えると

 

「宇宙の理とは理なきことが理だ」 と伝えてきました。

 

「?」

理なきことが理!?  分かるような分からないような・・・

 

まあ 宇宙というものは 地球人が考えるような法則なんてものには縛られていないのか・・

狭い法則い囚われすにいれば良いのかな と思っておりました。

 

すると

 

「お前にはもう教えたので 断りなく使っていいぞ」と言ってきました。

 

なんか軽く洒落も入れきたのです(笑)

 

そしてさらに

「ここは大地から三角形の形をしてエネルギーが沸き起こっている

そして上空から逆三角形の形をしてエネルギーが降りてきている

この二つの三角形の交わる形を表に出て描け」と。

image
こんな感じの図です。

 

 

僕はほかの5人にその旨を伝えて、外に出て二つの三角形を描くことにしました。

 

ちょうど男3人 女3人でしたので

それぞれが3点に立ち 二つの三角形を描くことにしました。

 

戸を開けて外へ

 

靴を履こうと左足を靴に入れようとすると

 

そこに

 

こんなものがあったんです

 

image

 「なんだこれは〜!!」

 

靴を脱いだ時は無かったんです。

トレッキングシューズを履いていたので、靴紐を解いて靴を脱いだので

はっきり覚えています。

 

こんなものは無かった・・・

 

クロマンタには誰もいません。

 

私たち6人だけ。

 

一体 これはどこからやって来たのでしょう・・・

 

これが あのメッセージの送り手なのか

 

遮光器土偶のようなこの土偶、宇宙人に見えて仕方がありません。

 

この話を先日 369会でしていたときに

 

ふと 気が付いた のです。

 

宇宙の理とは

 

「理なきことが理」と思っていたのですが

 

もしかしたら

 

「断りなきことが理」かもしれないと。

 

頼まれたことは基本的には断らない

それは神ごとだから

それは試されごとだから

 

宇宙は 「断りなく使っていいぞ」 とヒントをくれていたにもかかわらず

私は数年かかってやっと気づいたのです。

 

宇宙の本質を。

 

image

 しかも この形 トーラスですよね。

この三角形 そのまま交わりを深くしていくと六芒星になります。

 そして菱形になり 再び この形になる。

 

あっつ それが宇宙の循環だったのか!!