21日 巡礼23日  サハグンからレディゴス

走行距離31キロ

全行程442.8キロ

 

23.1

 

 

 

 

 

 


昨夜のステーキの興奮覚めやまぬまま起床。

スペインの夕食は8時からのお店もあり、昨日も食べ終わったのが10時を過ぎていた。
あのステーキは当たりだった。
次スペインにきたら、あの店にまず行く
とか話ながら歩き出す。


ステーキの話しから不思議なおじさんの話しに。


そのおじさんは昨日のサアグーンの雑貨屋の親爺だ。


お店に入って店の中をひと廻り

 

小物を買って店をでたら、親爺がドアから顔を出してこう言った


「あんたこの一年のうちに結婚するよ」


「?」


なんだ唐突に?


4人のうち3人は既婚者である。


親爺は月水さんをみて


「あんただよ」


驚愕である。

 


その通り月水さんだけが未婚だったのだ。


道中、月水さんの結婚は度々話題になっていたのだ。


僕は店に戻って訪ねた


「あなたはシャーマンなのか?」


親爺は


「シャーマンじゃないよ。でも時々、そう感じることがあるんだ」


なるほど。

そういうことほど的を得てることが多いものだ。


月水さんは「昨日のおじさんの言ったことはどうなんだろう?」と気になる様子。


当然だ。


見も知らぬ通りすがりの出来事だ。


しかしこの近年、月水さんには「結婚が近い」や「彼氏ができる」的な事を言われたり、

連続してその意味のおみくじをひくという出来事が頻発しているらしい。

 

また、霊能者にもこの1年くらいで結婚するようなニュアンスの話を聞いているようだ。


それで、スペインでもだ、しかもカミーノを歩いている途中。

雑貨屋の親爺の【天啓】とである。


いやが上にも道中はその話で盛り上がる。



途中でランチにする

1
レストランに入ると良く会う韓国の女がが二人。

 

「オラー また会いましたね」というと


彼女達が「ラーメンあるよ」とおしえてもらう。


「えっラーメン!」

 

「シンラーメン」とうなずきながらメニューを指している。


たしかにメニューを見ると辛ラーメンと書いている。


四人とも辛ラーメンを注文。

3
その夜、再度オラクルカードをひくことに。


もちろん月水さんの昨日の出来事が目的だ。


このオラクルカードはカミーノの道中に見つけたカミーノのオラクルカードだ。

5

月水さんがおもむろにカードを引く。



まただ!
4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカード。

「正しいことはハートでわかるもので、大事なことは目に見えないものだ」

みたいな意味でしょうか。

なぜか、このカードばかりでるのです。

 

【目に見えるものは絶対じゃない。目に見えないものに本質がある。】

というのは僕が色々と経験した中で言えること。

 

それと同じような意味のカードが連続して出て。

しかも、親爺からの突然のメッセージ。

 

これは素直に信じるしかないでしょう。

 

4人は全員がその思いに浸り

カミーノで起きる現実の中の非現実性を改めて思い知らされた。

 

そういえば、辛ラーメンの女の子二人も、なぜか何度も顔を合わす。

大勢の人が歩くカミーノ。

 

追いつき、追い越され、毎日 何回も多くの人と

「ブエン カミーノ(良い巡礼を)」という言葉を交わす。

 

しかし

 

何回も会う人とは、何回も会うのだ。

 

それは「縁」としかいいようがない。

 

「縁」とは目に見えないもの。

 

目に見えないものに本質がある。

 

月水さんのその後はどうなるのか?

 

韓国の二人とはまた会うのだろうか?

 

アメリカ人のロバートはどうしただろう。

 

オーストラリアの老夫婦は元気だろうか?

 

 

そういえば

 

【カミーノ】

 

当て字で書けば

 

【神の】

 

この道はこれから僕たちに何を示してくれるのだろうか。