Monthly Archives: 10月 2018

スリランカは宝石の国。 ダイヤモンド」サファイア、ルビー、天然石ではシトリンやアメジスト、アクアマリンなどが採掘されています。 そんなスリランカで今回訪れたのはローズクォーツマウンテン。 まさに、ローズクォーツで出来た山です。

 

 

0F042EC4-A05A-471C-BE8F-0C3EF47E126C

ジャングルの公園の中をしばらく歩くと岩肌が見えてきます。

B26E004A-ED01-4C48-AB6B-CB59C5AEA7AF

その岩肌がローズクォーツマウンテンの始まりです。 下の方はあまりよくわかりませんが、中腹から上はくすんだピンク色の岩を登っていきます。 登る時間は10分程度。道はないので歩き易そうな箇所を自分で選んで登っていきます。

FE036742-0F1E-4A61-9C2D-87DB20AADC52

上には小さなお寺(やしろ)があります。 湧き上がってくるエネルギーが気持ちいいです。 ゴツゴツしていますが、裸足になって 寝転ぶと最高に気持ちいい‼️ 瞑想するもよし、ゆっくりするもよし、石と会話するもよし。

364B228C-5E06-4FEE-BE5B-B4674C1FBDB5

自然のクリスタルヒーリングです。 アリゾナの化石の森の珪化木の上に寝転ぶと細胞が調整された感覚がありましたが、ここローズクォーツマウンテンの上に寝転んでもヒーリング効果大です。

ローズクォーツマウンテンから生配信しました。様子がわかってもらえると思います。こちらご覧ください。

古都アヌラーダプラは約2500年前、スリランカ最古の王朝が開かれて仏教が伝来した都。

アヌラーダプラには寺院が沢山あるが、そのなかでも著名なのが「イスルムニヤ寺院」

スリランカに仏教を伝えたアショカ王の息子マヒンダ長老が創建したといわれる。

イスルムニア

ここには涅槃像がある。ここは浅草寺の援助で装飾の色が塗り替えられたそうだ

イスルムニア1

 

ここの岩の上には仏舎利を収めるダーガバがある。

博物館もあり、ここに「イスルムニアの恋人」が必見。

紀元前2世紀のドゥッタガーマニー王の息子サーリヤ王子と恋人のマーラを掘ったもの。

マーラは平民の娘であったため、サーリヤ王子は王位継承を辞めてまでしてマーラと結婚をしたという。

イスルムニア2

この寺院は涅槃像や仏舎利で有名だが、この「イスルムニアの恋人」をはじめ多くのレリーフや当時の玉座もある博物館がおすすめです。

ポルトガルから帰国して2日後 次なる旅はスリランカ

 

旅のテーマは「聖地とアーユルベーダ」

 

旅の前半は聖地、後半はアーユルベーダ。

スリランカの到着してバスで4時間かけて古都アヌダーダプラへ。

途中で遅いディナーをとり、ホテルへ。

ディナーの時に飲んだジンジャービールが美味しかった

スリランカジンジャー

 

明日はアヌラーダプラの聖地とローズクオーツマウンテンへ行きます

2018年10月 369回スケジュール

26 13:00 東京R 4回目 クラブワールド
28 13:00 札幌 10回目 ここにいるよ
15:30 札幌 11回目 ここにいるよ
18:00 オープンマイク ここにいるよ
29日 10:00 札幌 6回目 ここにいるよ
13:00 札幌  7回目 ここにいるよ
15;30 札幌 11回目 ここにいるよ
19:00 札幌アドバンス ここにいるよ
30日 14:00 札幌 1・2回目 ここにいるよ
17:00 札幌 3回目 ここにいるよ
31日 13:00 守谷 7回目

2018年11月 369回スケジュール

7日 13:00 東京N 11回目 クラブワールド
8日 13:00 東京S 8回目 クラブワールド
19:00 東京P 11回目 クラブワールド
9日 13:00 東京T  2回目 クラブワールド
10日 11:00 大阪 7回目 天満橋
14:00 大阪 8回目 天満橋
12日 小山・守谷 けむり小屋遠足
15日 13;00 名古屋 9回目 アートピア
16:00 名古屋 10回目 アートピア
17日 高松 キューブ
18日 高松 キューブ
19日 13:00 東京R 5回目 クラブワールド
20日 19:00 東京Q 9回目 クラブワールド

 

ファティマにきています

今回のファティマは4泊の滞在。

聖地を堪能しています

その聖地ファティマのなかで最もエネルギーが高いのではないかと感じる場所

それが今から101年前、ルシア達三人の牧童の前に姿を現したガブリエルの出現の場所です。

三人の牧童

その青年は自らをガブリエルと名乗っているわけではなく、おそらくガブリエルだろうと思われいるのですが

その青年が雲のように白いふわふわした中に現れ

「祈りなさい、捧げなさい」と3人に伝えたのです。

合計で三回 彼は現れルシア達に祈り方などを教えま

1回はルシアの生家の近くの木のふもとです。

2回は今はビアサクラと呼ばれる道の中。

ガブリエル

この様子はシスタールシアの話を忠実に再現したものです。

ファティマ ガブリエル サムネイル

ガブリエルが出現の場所の動画しんごちゃんネルをアップしました。コチラから見てくださいね

今から101年前 の10月13日がマリアがルシア達3人の牧童の前に現れたファティマの奇跡の最後の日。

ポルトガルの国内外から7万人の人々が小さな羊飼いの村ファティマに集まってきた。

8A631834-F7F6-4752-A820-6D2945E2C78E

当日のファティマはたった5世帯の小さな村だった。そこが空前絶後の賑わいになったのだ。

しかし天候は雨、

押し寄せた人々の衣服は濡れ寒かったという。

C87585BC-83C5-4B31-BE2C-27BC99D909AC

お昼1時前 太陽が現れるや上下左右に動きるでダンスを踊っているかのように乱舞した。驚くことに濡れそぶった群衆の衣服はみるみるうちに乾いていったそうだ。

8E402881-9333-462F-BD6D-A5840D9E47A4

10月13日の前夜のキャンドルナイト。

654365EC-3415-45BC-BBEC-7CB04D516E90

 

BF61236D-5BC0-47A0-A11B-8CF3AE9EA128

マリアは御堂から出される約25万人の参拝者の中をを通り大聖堂に移動していく。

25万もいるのにスピーカーから流れるアヴェ マリアと合わせて歌う参拝者の歌声しか聞こえない。

「祈りの時間」

日本では、ファティマは第三の予言でオカルト的に見られている傾向があるが、ここを訪れる人には一切そんな事は無関係なのようだ。

実際にファティマを訪れると、センセーショナルな事で煽られていて、大切な事が置き去りにされている事がよくわかる。

ファティマは平和を祈る場所なのだ。

1E3C8CD2-925E-4A3B-8EBD-0908F55BFBF4

 

C266C523-A1E2-4025-A6F0-CF0002961DF7

 

ポルトガルの商業都市ポルト。

最近この年が脚光をあびている。

ヨーロッパの各都市からアパレルやファッションメーカーがポルトにオフィスを置く会社が増えてきている。

フランスやドイツ、北欧にくらべると物価が安く

かつ、センスもいいポルト。

旧市街地は世界遺産にもなっている。

ポルト市内

 

ポルト大聖堂

昔は太平洋の船の行きかう港町として栄え、港で船が出入りする意味からポルトすなわち

ポルトガルの語源にもなっている都市だ。

ちなみにポルト市内を流れるドウル川は「金の川」という意味。

当時、世界中から金銀財宝がこのポルトに運ばれてきたから、そう名付けられた。

この町には世界で最も美しいとされている3っつのものがある、それは

「サンベント駅」

 ポルト サンベント駅

美しい壁画が駅正面と左右の壁に描かれてる。

youtubeしんごちゃんネル「世界で最も美しい駅サンベント」を見てみてくださいね

 

そして、世界で最も美しい本屋といわれる

「レオ イ イルマン書店」

ポルト本屋1

ポルト本屋

ハリーポッターの作者JKローリングはポルト在住時にここに来ていて、映画の中で出てくる「フローリング アンド ブロッツ書店」のイメージはここからきているといわれている。

ちょっと人が多いが、いるだけで楽しくなり想像力がかきたてられる本屋さんである。

youtubeにアップしました「世界で最も美しい本屋 レオ イ イルマオン書店

 

そして最後に 世界で最も美しいマクドナルド

マクドナルド ポルト インペリアル店

ポルトマクド

こんなマックなら毎日行きたい!! と思ってしまいます。

youtubeしんごちゃんネルに「最も美しいマクドナルド」をアップしました。

 

ポルトは街並み、ドウロ川のほとりなど美しい場所が多いですが

世界で最も美しいといわれる駅と本屋とマクドナルドがあります。

なんどでも着てみたくなる街 ポルト。

また来ます きっと。

 

 

いま ポルトガルへの機内の中です。

思い返せば今年はスケジュールがツメツメでブログをアップする時間がなく、気まぐれにしかアップできていませんでした


4月から駆け足で振り返ることにしました。

まずは4月9日か20日までのペルーから。

約30年ぶりのペルー。

今回の目玉はシャーリー マクレーンのアウトオンアリムに書かれている霊泉に行きたくて企画しました。

マチュピチュが興味深いのは言うまでもなく、チチカカ湖、そして偶然行くことのできた「次元の扉」

ここが凄かった!!

ペルー2

 

そしてシャーリー マクレーンが入った霊泉。

炭酸泉の「シュワーッ」という気泡が肌について、身体・マインドの汚れや穢れを取ってしまうような感覚。

ペルー

気持ちよかったです。

天野博物館の坂根先生のお話も最高でした。

ナスカの地上絵は飛行機で見るのは「もういいかな」って感じ。何故かって・・・

「酔っちゃうんです」 僕は乗り物酔いはしないタイプなのですが、それでも「ほんのり気分が悪い」

そのうえ上空からの眺めが素晴らしいかというと、そうでもない。

次に行くのであれば、地上でエネルギーを感じてみたいです。

来年4月にもペルーツアーは企画しようと思っています。

4から5日間インカ古道を歩いてマチュピチュにはいるというツアーです。


5月は18日~20日の出雲  出雲は魂の故郷のような場所。いつきても癒されます。

26日~27日の天河

天河奉納

この天河は僕にとって非常に大事な意味を持ったツアーでした。
重要な意味をコチラを参考にしてください

2018年のシンクロ 旧約聖書とイスラエルと天河

6月は札幌369があり
14日から25日までスペイン サリアからサンティアゴ巡礼

今回は100キロあまりの巡礼でしたが、やはり歩くことは気持ちいい。巡礼は気持ちいい。

サンティアゴ

サンティアゴ デ コンポステラに着くと今回もボタフメイロを見ることができ、

サンティアゴ2

来年もサンジャンピエドポーからサンティアゴまで歩くことをヤコブに約束してきました。

帰国して愛知県西尾市へ
ここでポルトガル ファティマ在住の石塚優美子さんのコンサートの司会。
そして優美子夫妻と伊勢に行き

長崎
6月30日~7月1日は優美子さん ジュリオさんと一緒に行く長崎ツアー。

長崎2

(これが今日からのポルトガルツアーとリンクしています)

7月5日6日は名古屋369
7月7日8日は大阪369 369会で奈良へすぴ散歩 テーマは大和の中の出雲

高鴨神社
7月9日は鎌倉FMでタ番組の生放送に出演。 その前に行った長谷珈琲&ガレットで奇跡のシンクロ

7月12日13日は高松で講演プラスすぴ散歩
7月14日は奥井雅美さんのサムハラ岡山ツアー

奥井
7月16日は奥多摩で滝行

滝行

滝行2

7月21日から26日はインドネシア バリ島

バリ鳥

バリ島あぐん
ここはすこしブログに書きました
当初行くはずだった島に天候不良で船が出ず、急遽訪れたランプヤン寺院。

このお寺は数年前に訪れた際、両こめかみと額と後頭部から光が入り、体調不全に陥り大変な目にあった場所。
詳しくはこの記事を見てください
今回はどうなるかと思ってたら・・・
やっぱりありました。
チャクラとエネルギーの流れの関係が分かりました。

帰国してそのまま札幌へ
7月27日から8月2日までクレッグの札幌セミナー

8月6日から9日までがフィリピン マニラへ

ブラックイエスに出会いました

ブラックイエス

帰国してそのまま札幌へ
10日から13日まで札幌369.その時すぴ遠足に平取 二風谷へ。そこで奇跡的な出会いがあり

アイヌ
これが2月17日に行う 映画AINUひとの上映と松尾泰伸さんのピアノコンサート やまとふみこ師匠の舞 につながります

8月17日にはオルケスタデラルスのノラさんの「たまりら」収録

ノラ
その足で戸隠へ。 戸隠では松尾さんとふみこ師匠の奉納を鑑賞。
19日は第73世武内宿禰さんとの諏訪ツアー

すくね

そして8月27日から9月2日はマウントシャスタ

シャスタの目玉はヒーリングファンデーション。

シャスタ

ここの立ち上げから関わっていて、リチャードとジュディは父親と母親のような存在。

すべて独力で荒野から作り上げて、いまでも作り続けているファンデーションです。

シャスタでのお勧めはメディスンレイク。

天空への扉がポッカリと空いているように感じる聖なる湖です。

9月8日9日は大阪369.高槻の遺跡をすぴ散歩 ここ面白い!!!

 

9月12日13日は名古屋369で分杭峠に369遠足

分杭

9月15日16日は高松で新規で369会開催

9月17日では映画AINUひと を初めて鑑賞。溝口監督とお話して2月の映画上映の打ち合わせ。

9月23日から10月4日は南アリゾナにあるサスティナビリティのコミュニティー「アバロンガーデン」&セドナ

やっぱり特筆すべきは「アバロンガーデン」

あくえりあん2

このコミュニティーは30年の歴史があり、もとはセドナにありました。

15年前に彼らと知りあり、それ以来 数年ごとに訪れているのですが

12年前くらいにセドナから南アリゾナのトゥバックに引っ越して広大な敷地で無農薬持続可能型のコミュニティを運営しています。

未来の人類に生き方のプロトタイプではないかと思われる生活をしています。

彼らの凄さは机上や絵空事ではなく、実現させていること。試行錯誤をしながら常に新しいことに取り組んでいます。

あくえりあん
アメリカから帰国して玉置&熊野へ

10月6日から8日は熊野

旅にはハプニングがつきものですが、僕は積極的にハプニングを楽しむ傾向があります。

熊野おっぱい

今回の熊野では阿須賀神社を訪れた際、社務所には誰もいなかったのですが

作業をしていた方に「御朱印希望だったら言ってね」と言われ、希望者の方と社務所へ向かったところ

そのおじさんが「よかったら笛ふきますよ」と言われたのが始まり。

スケジュールはタイトだったのですが、「リクエストされたら受ける」を基本にしているので

笛を吹いてもらえることに。この笛が結構よかった。

話を聞くとこの方は阿須賀神社の方ではなく宮ノ向神社の方という。アメリカに長く滞在して、帰国して神内神社の境内にずっといたのだそう。

そこで神内神社が大好きになり、いまはその隣に住んでいるといいます(おぼろげな記憶なので間違っているかもです)

その神内神社が素晴らしいので強く勧められたので行ってみることに。

正直言って凄かった「神内神社」。そしてその近くにある古代祭祀場の巨石。

熊野磐座

たまらないです。ここ。

そして1日あいて、いまポルトガルへの機上なのです。

明日からはツアーでは初めて行くポルト。

サンティアゴ巡礼の後に寄ったのですが、美しい街並み、世界一美しい本屋さん に惚れこんじゃってツアーに入れました。

ファティマやナザレ、コインブラ、シントラなどに行きます。

 

それではまた!!!