スタッフブログ インドヒマラヤ聖地巡礼ツアー その3

9月28日、ボージバーサの朝は

あまりの寒さで目が覚めました

富士山頂でテント泊するのと同じなので

そりゃ寒いの当たり前です

IMGP2279IMGP2281

しかしあまりにも寝ている時足先が

寒かったのでおかしいなと思ったら、

なんと寝袋の下半身がテントから外に

OBしていました 寒いはずです

IMG_3152IMGP2277

 テントの外に出しておいた靴は凍っており、

テントにも霜が降りていました

さすが標高3792m

シェルパの作る朝食(オクラカレー&ロティ)を

ちゃっちゃっと食べて、

IMG_3157

いよいよゴームクへ向けて出発です

 

この日もスタートしてほどなくして

30度近くまで気温が上昇

しかもだんだん高度が上がるにつれ、

酸素が薄くなるので疲れ方がハンパないです

IMGP2288IMG_3164 attachment01 (3)

コースも最初は緩やかな登りでしたが、

だんだんゴームクに近づくにつれ、

数年前の山崩れの影響で足場が悪くなり

もはや遭難寸前です

IMGP2310IMGP2312

attachment04attachment03

attachment02 (4)

 

そんなこんなで昼前にようやく

ゴームクに到着です

IMG_3174IMGP2313

ゴームクとは「牛の口」という意味だそうです。

背後のバギラティ峰が牛の顔を表し、

水を吐き出す氷河をその牛の口に

見立てていたそうですが、

数年前の山崩れでだいぶロケーションが

変わってしまったようです

残念

しかし、ヒンドゥー教徒ですらほとんど

来る事が出来ない聖地に

自分が来れた事がなんだか不思議な感覚です

 

ヒンドゥー教徒はやはりここでも

沐浴していました

私たちのガイド兼通訳のラメッシュも

パンツ一丁で川の中に入りました

IMG_3178IMG_3187

私もちょっと入ってみようかと思いましたが、

あまりの水の冷たさで断念

 

かわりに聖地ゴームクにて生誕44周年

祝いの記念撮影を

IMG_3203

クラブワールドでは誕生日には

この正装をするのが義務と権利となってます

周りの敬虔なヒンドゥー教徒に怒られるかと

ヒヤヒヤでしたがむしろ写真を撮られたりして、

全く問題無しでした

 あ

ゴームクを後にして、

いったんボージバーサに戻りました

IMGP2324IMGP2325

実はこの日は再びボージバーサにて

野営の予定でしたが、

時間がもったいないので一気にこのまま

ガンゴトリの町まで戻ることにしました

さすがクラブワールドならではの

無茶な 臨機応変な対応です

ボージバーサでさくっと昼食をとり、

昼過ぎにガンゴトリにむけ出発

IMG_3217IMGP2332

 

進むにつれて高度が下がっていくので、

だんだん身体が楽になっていきます

IMGP2333IMGP2334

IMG_3225IMGP2345

 

途中、ヒマラヤンブルーシープ

(Himalayan Blue Sheep)を発見

IMGP2339 24684815914_65cd6a0c9c_b

このツアー中で犬、猿、牛以外に見れた

唯一の野生動物です

ボージバーサを出発してから約5時間、

だいぶ日も落ちた19時ころに

ようやくガンゴトリの町に到着しました

IMGP2351IMGP2209

あ 

この日の夕食はあえてカレーではなく

ガンゴトリの町に一軒だけある

インターナショナルレストランにて

中華料理にトライ

IMG_3230IMG_3231

今までの人生で中華料理をたべたことがない

インド人が作る中華料理です

無難にカレーにしておけば良かったと思える

ぐらいのエキセントリックな味でした…

 あ

夕食後ホテルに戻り、荷物を整理した後は

そのまま爆睡

 

翌日はやっと下界の町、リシケシに移動です