四国お遍路 八十八か所霊場巡礼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。
クラブワールドの大村真吾です。

今日は
『東京都内で簡単に開運する方法』
お伝えしますよ。

今年1月に僕が結願した
四国八十八箇所歩き遍路 ですが
だれでもすぐに行けるものではありませんね。
ですが、都内でもお遍路はできるんですよ!!

御府内八十八箇所巡り

宝暦5年(1755年)に開創された
弘法大師にゆかりの寺院です。
移転しているところもありますが
都内ですので、日にちをわけて少しずつ
一緒に巡拝しませんか?


専用の御朱印帖もあるんですよ。

一緒に都内お遍路で簡単に開運しましょう!!

 

 

 

 

 

1,2か月に1回、僕の案内で
お散歩感覚でまわります。
次は第2回目 5月15日(日)です。
都内なので、毎回こられなくても
抜けたお寺は後日ご自身で参拝もできますね。
ゆっくりゆったり、楽しく都内お遍路して
『開運』しましょう~!!

詳細はこちら

四国お遍路の体験練習にもなりますよ!

youtubeでも話しています。
東京都内で簡単に開運する方法 #shorts – YouTube

もっとサロンの内容や僕、大村真吾のことが
知りたい方はこちらのページ
見てくださいね。

ご参加お待ちしております!!

 

 


こんにちは。

クラブワールドの大村真吾です。
今年も、宮城県の金華山へのツアーを開催しました。
金華山は神職の方々のみ住まわれている
無人島なのですが、参拝客は予約をして
宿泊ができるのです。
もちろん、港から船をチャーターして
渡りますよ。

この

金華山黄金山神社へは、3年連続して
参拝すると一生お金に困らない。

と言われております。

それはなぜなのか?
僕は今年で3年連続参拝なのですが
船の船頭さんから「もう1回やな。」
と言われてしまったのは何故か??

詳しくは、
シンクロ加速オンラインサロン
で配信しています。
ご興味がある方は加入してみてくださいね!
様々なイベントやお話をしています。

こちらのサロンは年会費で加入、
または月々会費での加入もありますので
まずはお気軽に加入してみてくださいね。

前回ブログでもご案内しましたが
サロンは4月からリニューアルして
ますますアクティブで楽しい内容と
なっています!

ご加入お待ちしております!

 

みなさん、こんにちは!
クラブワールドの大村真吾です。

先日のyoutube
シンクロ加速しんごちゃんネル
お話ししたんですが
大村真吾オンラインサロン
(実際にもお会いすることも多いけど)

シンクロ加速オンラインサロン
リニューアルいたしまっす!!


おかげさまで、2年半近くになるサロンですが
ここへきてさらにバージョンアップ。


皆様と共に「今ここ」にある瞬間に100%
焦点を当てて、過去や未来とか、
不安や恐れから解放されて、
心から自由になることを目指して
「瞬間(いま)」を思いっきり感じられる
「場」を提供していきたいなあと思ってます。

大村真吾の幸せの方程式
面白がること+行動

具体的には
『探』歩いて登って不思議探検隊。
    
『突』
サロンメンバーを突撃隊。

』前世探り隊。

』時空浮遊めいそう隊。

』未来創り隊。

』万物学び隊。

』応援し隊。

もっとサロンの内容や僕、大村真吾のことが
知りたい方はこちらのページ
見てくださいね。

「不思議大好き!」「面白いこと大歓迎!」
であれば、
誰でもサロンメンバーになることができます!

サロンメンバーならではの配信や
フィールドワークに参加できたり
楽しいツアーの割引があったり
うれしい特典もありますが、
まずは毎日を楽しく、
『今』を感じられる場に参加してみて
くださいね!

顔出しなしでも、発言なしでも大丈夫!
最初はこっそり見てるだけでも楽しいyo!

(退会も随時できちゃうから心配しないで
 参加してみて!笑)

お待ちしております!南無~。

大村真吾の活動やツアーページは
こちら

大村真吾やその他のパワースポットツアーや
各種セミナー、イベント、セッションなど
株式会社クラブワールドページは
こちら

 

 

 

 

私の名は 
光満院 天真 こうまんいんてんしん」。

全ての人に光を
あまねく照らすものである

2022年2月22日 午前2時22分をもって
大村真吾の身体を借りて、皆の前に現れ
さまざまな話をしようと思う。
そのため、大村真吾の日常・行動・活動などは
制限されることもあるかもしれないが
本人には了承済みである。

***************************************

封印は解かれた!! 

3月5日 栃木県那須塩原の殺生石が
割れた!!というニュースが世を駆け巡った。

産経新聞ニュース

殺生石の伝説を知っているか?
「生き物を殺す石」殺生石には『九尾の狐』
封印されていたのである。

そもそも九尾の狐とは??
九尾の狐は紀元前の中国からインド
ベトナムあたりにまで伝説が残る珍獣。
そして日本へは遣唐使、吉備真備(きびのまきび)
の船で渡ってきたと言われている。
九尾の狐は悪政を行う当時の権力者を
女性に化けて取り込み、酒池肉林の生活をさせ
あげくは破滅させると言われている。
日本でも、鳥羽上皇の病気を引き起こした
「玉藻前(たまものまえ)」という美女に化け
それを陰陽師に見つけられて追われたと
伝わっている。
その後、殺生石に長い長い間
閉じ込められていたのだ。

それが今年3月、ついに真っ二つに割れて、
九尾の狐はまた世に出てしまった。
那須塩原市では慰霊祭、平和祈願が
執り行われた。

が、そもそも中国では妖怪ではなく
神の使いの珍獣とされていたのだ!!
九尾の狐は悪政を行う王や政治家を
堕落させ、失脚させ亡き者にするのである。
中国の各王朝の史書では、
九尾の狐はその姿が確認されることが
泰平の世や明君のいる代を示すとされる
神聖な生き物とされて、八咫烏と共に
多く描かれているのである。

そして今、九尾の狐は世に放たれた。
これは何を意味するのか??
流行病や、戦争などで乱れたこの世を
正すのか?
独裁者を引きずり下ろすのか?

殺生石から九尾の狐が解き放たれた今!
『弥勒の世』が真に始まる!!

そのことは我々狐世界では常識である!

真の願いを今こそ神へ。

詳しくは 光満院天真チャンネルへ。

チャンネル登録も忘れるな!!

 

 

 

 

 

 

私の名は 
光満院 天真 こうまんいんてんしん」。

全ての人に光を
あまねく照らすものである

2022年2月22日 午前2時22分をもって
大村真吾の身体を借りて、皆の前に現れ
さまざまな話をしようと思う。
そのため、大村真吾の日常・行動・活動などは
制限されることもあるかもしれないが
本人には了承済みである。

********************************


月への祈願のやり方は??!!

今回の配信はこちら

満月の満願祈願
満月に月に祈願をするのは間違い!

月への祈願は、まず新月に行うべし!

新月になって8時間~最悪48時間の間に
和紙へ筆(筆ペン)で願い事を10個以上
書き連ねる。
縦書きで、簡単な願いから書き記す。

注意!)
肯定系で書く。過去完了形で書く。

〇〇〇になりますように・・・×
〇〇〇になりました・・・・〇

または、現在完了形で書く。
私が◆◆さんと結婚できますように・・・×
私は◆◆さんと結婚して幸せです・・・〇

自分が主体の願いを書く。

注意!)人を変化させることは書かない。
△△さんが私を好きになりますように・・・×
私が△△さんと両思いで幸せです・・・〇

その願い事の紙は、書いたらどこか
部屋の高い位置にでも置いて忘れておく。

満月になって8時間~遅くとも48時間以内に
その紙を、海、清流、川へ流す。
流せなければ、流したつもりになる。

これが月への祈願です。
まずはやってみるべし!!

煩悩即菩提!!

今日はちょっといつもと違う私であった
という意見もあるが、私は私である。
次回の配信をまた楽しみに待て。

詳しくは我がチャンネルへ!
光満院天真チャンネル

チャンネル登録も忘れずに!

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。

クラブワールドの大村真吾です。
今日は熊本へ来ていますよ。

実は、1月の四国八十八カ所歩き遍路中
出会った、イギリス人のお遍路さん。
実は、日本で得度をされているお坊さんの
滋観さんとおっしゃいます。
その方の手作りのお寺・ヒーリングプレイス
におじゃましています。
熊本 山鹿市 慈観庵 です。

(お遍路での出会いはこちら

実は2月にもちょっとお邪魔したのですが
今回は護摩焚きの日でした。
僧侶になったイギリス人慈観さんの
壮絶な人生、めちゃくちゃ宇宙的な感覚、
更には…ぶっ飛んでます!!


慈観さんは奥様やお弟子さんと
熊本県北部の山鹿(やまが)という町の
山間部に、慈観庵というお寺でもあり
ヒーリング、ホスピス的施設を
ご自身で建てられています。
建築などもできるかぎりご自身たちで。
怪我をしたりもしながら、山を切り開き
護摩堂も畑も、池も造られているのです。
もちろん、野菜や鶏などもオーガニックで
こだわって育てておられ、
お弟子さんがお料理教室なども
開かれています。
本当に自給自足に近いような
なんとも自然な暮らしです。


慈観さんはイギリス人。元は軍人で
怪我をして入院していた時に
見えないものが見えるようになったと。。。

イギリスの病院では、
精神的に問題ありと診断を
されていたところだったのですが
絵を書くのが好きで、
見えたものをわけもわからず書いていると
ある日、パートタイムで来た日本人の
看護師さんが
「あなたの絵、これは弥勒菩薩。
 こちらは不動明王、
 こちらは千手観音よ。」と
言ったそうです。そして
「あなたは日本へ行ったほうが
いいんじゃない?」とも。
それによって初めて日本へ・・・。


初めての日本は、紹介された
鹿児島のお寺へ。
そこで見覚えのある仏像たちを見て
「ああ、ぼくは狂っていたわけじゃない。
本当に見たものがここにある!」と
安心したそうです。

そこからすぐに得度に向けて勉強を始め
お遍路にも何度か通うように。
その他のヒーリングの勉強なども
続けました。

その後、四国のお遍路から離れ
一旦休憩しようと
満願寺(熊本)の川の近くで
瞑想をしていたら、緑の雲に囲まれた
女性が現れたそうです。

綺麗なその人について山道を
はるか数十キロも歩いてたどり着いたのが
この山鹿の山麓です。
その緑の雲に囲まれた女性が指した
場所を掘ったら湧き水が出たので
それでこの場所に住もうと。

今でもその水に助けられています。
とおっしゃる滋観さん。

すごく壮大で不思議な体験ですね。

まだまだ伺いたいことがたくさんあります。
1度では聞ききれないので、ぜひまた
訪問したいと思っています。
その時はぜひ皆さんもご一緒しませんか。
お弟子さんや奥様の手作り料理も
大変滋味あふれ、素敵でした。

次回の『滋観庵』訪問計画をお楽しみに。

今回のお話は
youtubeしんごちゃんネル で。

チャンネル登録もお願いします。

 

 

 

 

こんにちは!
クラブワールドの大村真吾です。
3月18,19日で

『金山・縄文巨石ツアー』を実施しました。
そのお話をしたいと思います。

岐阜県南飛騨の山間部にあります『金山巨石群』。
こちらは昨年僕がフィールドワークで訪れ
とても興味深く感じた場所です。
巨石調査員・徳田さんとのありがたい出会いもあり
今回のツアー開催となりました。

前回のブログでも掲載しています。

その時のyoutubeでもその感動を話してます。

そして今回もやっぱりすごかったです。

前回お会いして案内をしてくださった
金山巨石群リサーチセンター調査員の
徳田さんに、今回もガイドをお願いしました。

徳田さんは元宝石等のカメラマン。
25年前から共著の小林さんと共に
日々、巨石群の観測を続けて
この本を出版されています。
そして今でも引き続き観測を続けておられます。

この巨石群はいったい何なのか?

4,500年以上前からのものだという巨石群。
ちょうど縄文後期にあたります。

ここに通い続けている徳田さんたちには
学者たちが言う説とは違うと言う直感があり
それを25年間の観測データが証明しています。

追い続ける徳田さんと小林さんの情熱!

『ここには縄文人の叡智が有る!!』

日の光の日々の動き、傾き、当たる場所は
日時によって刻々と変わり、1年でまた戻る。
1日にずれる距離は約4㎝。
その差を追うことでカレンダーとなる。
なんとうるう年まで、縄文人にはわかっていた!

決まった日の光の角度にそった石の斜面。
この角度の光がさすときは、
今でいう春分とか
夏至とか冬至などなど・・・

縄文人はカレンダーを正確に持っていた?!

そして、縄文人は北極星も見つけていた!
(今のポラリスとは異なるトゥバンという
地球地軸に沿って北へ伸びた動かない星)

『縄文人ならどう感じたか?』
『縄文人はどう動いたか?』
実際に試しながら観測を続けたお二人だからこそ
知ることができた 《縄文人の叡智》

例えば、冬至の日の日の出が差し込む
スリットを各地で追って
その光のマイルストーンを繋いで
道を作っていたのではないか?等。
その道は海へも山へも
意味があって繋がっていたのではないか?
いろいろな考察が広がってゆきます。

それを目の当たりにできた幸運。

徳田さんの熱量もすばらしい!!

言葉で表すのは大変難しいのですが
ぜひまた夏至・春分・冬至などの日に
訪問してみたいと思います。
次回ツアーもぜひご期待くださいね。

今回の模様は、
シンクロ加速しんごちゃんネル
配信中!

チャンネル登録をお願いします。

 

 

 

私の名は 
光満院 天真 こうまんいんてんしん」。

全ての人に光を
あまねく照らすものである

2022年2月22日 午前2時22分をもって
大村真吾の身体を借りて、皆の前に現れ
さまざまな話をしようと思う。
そのため、大村真吾の日常・行動・活動などは
制限されることもあるかもしれないが
本人には了承済みである。

*********************************

がぶ某よりの質問があったので
さらにわかりやすく補足しよう。

煩悩とは!
欲・怒り・愚痴・疑い・自惚れ・悪見

これを自分の中より完璧に
取り去ると言うことは難しいのである。
煩悩というものは、無くそうと思うと
さらに大きく現れるものだからだ。

それゆえに

煩悩と共に生きる

すなわち

『煩悩即菩提』!!!

人に良くみられたい気持ち
↓   ↓   ↓  ↓

ありのままでよいと考える
すなわち 幸せ=菩提。

P.s 『煩悩即菩提』は私が身体を
借りている、大村真吾が
四国お遍路中に空海様より
頂いた教えでもある。

♪ありの~ままの~姿見せるのよ~

詳しくは我がチャンネルへ!
光満院天真チャンネル

チャンネル登録も忘れずに!!

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。
クラブワールドの大村真吾です。

四国八十八カ所歩き遍路結願から
約2か月たちまして。。。
少し足が歩きたくて
うずうずしてきましたので・・・
ちょっとお知らせまでに時間が
足りなかったのですが

3月12日(土)
「東京版ゆるっとお遍路」
の第1回を開催しました。

実はなんと、東京にもしっかり
『御府内八十八カ所霊場』
という弘法大師ゆかりのお寺巡りが
あるんですよ!

御府内というのは、
江戸時代に町奉行の支配に属した
江戸の市域です。
現在は、お寺の移転などで
範囲が広がっていますが、
ほぼ東京23区内にあります。

宝暦5年(1755年)ごろに開創したと
言われており、実は移転になっているお寺も
多いので順番通りにはまわりにくいのですが
今回から、少しずつ巡拝したいと思います。

第1回の今回、最初は
高輪ゲートウエイ駅というなんとも
近代的な、隈研吾さんデザインの
駅からお遍路開始です!

第一番札所 高野山東京別院

こちらの境内には、四国八十八カ所お遍路の
各霊場の砂がおのおのの寺院の名前と
仏像の彫られた下に埋められており
その前を歩きながら、砂を踏んでいくと
お遍路を簡単にできるという場所でも
あります。
お遍路のとっかかりとしては
まあ、ちょっとイージーですが
いいですよね(笑)。

もちろん境内には明神社があり
丹生都比売神社など
4つの社が祀られています。

今回は僕が歩きたかったのもありますが
スタッフや他の方から
・お遍路行ってみたいけど自信がない
・どの位歩けるかわからない
・どんなことをするのか知りたい
などの声を頂きましたので
お遍路初心者でも気軽に参加して
いただけるような巡拝です。
なので、最初にロウソクやお線香を
購入したり、お経をプリントして
お渡ししたり、お参りの仕方を
一緒にやってみたりしています。

納経帖はこんな感じです。
3千円だったかな?
ちょっと普通の御朱印帖より
大判ですよ。


こちらに1ケ寺ずつ頂きます。

↓  ↓ 約1.8km

第4番札所 高福院(上大崎)
こちらは目黒駅の近く。
ビルの間にひっそりとある古い
小さいお寺でした。
目の前の八幡神社の別当寺だった
とのこと。
本堂は、天保の改革を主導した
水野忠邦が千駄ケ谷穏田
(現・渋谷区神宮前)の屋敷に
建てた仏堂を、1844年に移築したもの。

さて、なんと今回は素晴らしいことに
この高福院のお向かいに
『讃岐うどん』やさんを発見!
ランチにします。

四国を思い出しますね。
サンマルクカフェでお茶休憩もして
さあ午後の部出発です。

今回は10名だったのですが、ここで
参加者のS子様が、天然石を練りこんだ
シールのようなものをみなさんに下さって
それを足裏に当たるようにして
歩くと足が軽くなる!
ということで大変助かりました。

↓ ↓ 5.6km  ↓ ↓

ここが本日の難所の5.6km。
しかも幹線道路沿いで面白くない。
おしゃべりしながら行けるので
さほどつらくはないと思います。

第八番札所 長遠寺(南馬込)

宥尊上人が馬込邑字堂寺の地に
天仁元年(1108年)草創。古いですね。
とてもすっきりと整ったお寺でした。
東京の寺院は、四国のお遍路とは違い
納経所はなかったり、太子堂が
ないところもありますが
そこは臨機応変に。
ここで、少し休憩をしていたら
時間が押してきましたので速足で。

納経所は16時位に閉まる所が
多いのです。
↓ ↓  3.6km ↓ ↓

今度は、住宅街を歩きますので
庭木が綺麗だったり、沈丁花の
香りがしたり、猫がいたりと
みなさんの足も進みます。

普段は用事がなくて来ないような
住宅街の小道を歩くもの
なんだか楽しいですよね。

第26番札所 来福寺(東大井)

こちらは素敵な石段と広いお庭の
都会とは思えない高台の寺院。
前出のS子さんがお知り合いだった
せいか、お堂まで上げて頂き
お参り後には、紙パックのお茶
お花の種などを頂戴しました。

こんな感じで第一回の
『東京版ゆるっとお遍路』
終了です。
みなさん、がんばって11kmほど
歩くことができました。

また引き続き、次回もやっていきます。
2回目、3回目からの参加でも
全く問題ありません。
途中でリタイアしてもバスや
タクシーや電車で帰れます!
都内なのでまわれなかった
お寺はいつかご自身で行くことも
たやすいです。
気軽に参加してみてください。

今回の様子はyoutube
シンクロ加速しんごちゃんネル
でお話ししてますので
ぜひ見てみてくださいね。

歩くお遍路の楽しみは格別です!
1日でも若いうちに(笑)
一緒に初めてみませんか?
では、2回目をお楽しみに。

チャンネル登録もお願いします!

 

 

 

こんにちは。
クラブワールドの大村真吾です。

さて、3日目今回のツアーのメインの1つ。
高野山『火祭り』の火がやってまいりました。
宿坊 三宝院さんで、早朝のお勤めに
参列させていただくことから始まった
1日です。
清らかな気持ちでお祭りへ。

霊場・高野山に春の訪れを告げる恒例の
「高野の火祭り」は毎年3月第1週の日曜日。
高野山真言宗総本山金剛峯寺前の駐車場で行なわれます。

護摩木を焚き、人々の招福と
厄除けを祈願する荘厳な
「柴灯大護摩供(さいとうおおごまく)」法会を、
新型コロナウイルス感染症の終息、
世界の平和を祈りながら行われましたよ。
まずは、修験僧たちのほら貝に先導されて
お坊さんが出てこられるところから見学。


高野山の天候が、山なので寒いのですが
この日はお祭りが始まるときには
にわかに風が強くなり、木々がなびき
雪も舞ってより荘厳になっておりました。
儀式の日のせいか、天候も豹変したり。


四方に竹を立てて上空を縄で囲んだ結界内に、
山伏姿の僧侶約50人が登場。
高さ約1.8m、直径約3mの護摩壇に
点火されると、一斉に読経が始まります。
木を切る、刀や弓をふる、問答をうるなど
いろいろな場面で若い方が多くなんだか
力強くて本当にすばらしかったです。
問答は・・・
「弘法大師とは?」とか
「修験とは?」「なんのために?」とか
聞いているとたいへんためになりますね。
太鼓と錫杖が打ち鳴らされる中、
僧侶らが護摩壇に願い事が書かれた
数多くの木札を次々と投げ込み
僕らもお札をもらって結界の中へ。
僧侶が体の悪い部分を丁寧に
お清めしてくださいます。

こうやって約2時間ほどの
霊場に春を告げる儀式は終了です。

今回も、偶然にいろいろな方に
お会いできました!
youtubeでもおなじみの、小林さん姉妹、
視聴者Nさん、有名ユーチューバーHさん。
これもご縁ですね。

「火祭り」の様子を短いダイジェストですが
YOUTUBEで動画にしていますので
ぜひご覧ください!

シンクロ加速しんごちゃんネル

チャンネル登録も
よろしくお願いします!